アルペン部オーストリア遠征中間報告

.
.

 

10月8日に日本を出発し、オーストリア・ヒンタートックススキー場でトレーニングをしています。

選手20名、コーチ3名でスタートしました。

ただ、選手2名が滑走中に怪我をしてしまい、現地での医師の判断では、合宿中の滑走は不可能という事で、すでに日本に帰国しています。

選手はできるだけの準備、コーチはできるだけの配慮をして、今後のトレーニングをしていきたいです。

トレーニングの方は、降雪やスキー場のクローズはあったものの、ほぼ予定通りに進んでいます。

初めてヨーロッパに来た選手が多く、捉えにくく速い雪質、急斜面、コースのネジレなど日本で体験できない部分で、苦戦している選手がほとんどです。

ただ、コーチ陣にとっては予想通りであり、ここをスタートだと思って、気持ちを前に取り組んでいってほしいと思います。

同じスキー場には、テレビで見るワールドカップのトップ選手が多数いて、選手は興奮しながら、質の高い滑りを見れていて、とても良い刺激になっています。

帰国は10月30日を予定しています。
応援よろしくお願いします。

アルペン部 八木橋拓史

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
[`evernote` not found]

カテゴリー: 行事報告   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA