アルペン部 県連中国遠征報告①

11月12日(日)に成田空港から中国の長春空港に向けて出発し、夕方に今年度の海外遠征先である「松花湖スキー場」に到着しました。

5日間のフリースキートレーニングを行い、基本動作の反復を繰り返しました。

休養日をはさみ、11月19日より、ブラッシュマーカーやショートポールを利用したゲートトレーニングをスタートしました。

今回の遠征先である「松花湖スキー場」は、中国吉林市にあるスキー場で、コース上のほとんどが人工降雪機による雪です。ここ数日の朝の気温はマイナス18度と非常に寒い場所です。新潟の雪に比べるとグリップ感が強く、スピードの出るいわゆる「速い雪」です。

選手は個々の課題を明確にして、1本1本集中してトレーニングに励んでいます。

ケガや凍傷に気を付けながら、有意義な合宿となるようチーム一丸となってがんばっていきたいと思います。

また、報告させていただきます。

新潟県スキー連盟アルペン部
中国遠征帯同コーチ
横山良、桾澤俊明、高野大

県連へ①

県連へ②

県連へ③

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
[`evernote` not found]

カテゴリー: 行事報告   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA